企友会(バンクーバー日系ビジネス協会)カナダビジネスコラム&イベント報告

コラム & イベント報告(会報)
カナダ(バンクーバー)のビジネスに関するコラムや
企友会主催イベントの開催報告を掲載しています。

2016年10月03日

2020年までに訪日外国人旅行者を4000万人へ

2016年も早いものでもう10月に入りますね。最近は朝晩と冷え込むようになり、街角でもコートを着ている人がチラホラいます。

さて今年3月末に政府が発表した【2020年までに訪日外国人旅行者を4000万人】を、皆様ご存知でしょうか?

私は旅行業界で働いておりますので、このニュースは衝撃的な発表でした。これは政府が日本の経済成長には「観光立国」の推進が不可欠とみて出した方針となります。

今では日本への外国人観光客数は年々増加しており、皆様も日本へ里帰りした際は以前と比べて外国人旅行者をより多く町で見かけると思います。

また2020年には東京オリンピック・パラリンピック大会を迎え、更なる外国人旅行者増加が予想されます。それもあり政府は外国人観光客数を大幅に引き上げる目標を決定致しました。

ただ本当にこの4000万人という目標は現実的なのでしょうか?

日本政府観光局(JNTO)が発表した統計によりますと2015年度は1973万人と出ており、2016年度は8月までで1606万人となります。残り4ヶ月ですので単純計算2000万人は超えてくると予想出来ます。そうするとあと4年で倍の2000万人増加が必要となります。かなり大胆な目標ですが、私は不可能ではないと考えております。

それは「食・文化・観光・治安」と、どれをとっても日本は他の人気観光国とひけをとらないと思うからです。ただ、増加による懸念面も多くあり「インフラ整備、地方観光促進、治安面」をどうするかが鍵となります。その為にも日本国内、また日本国外からの支援・促進が必要になると考えます。

私も少しでも後押し出来るよう、頑張りたいと思います。

企友会理事 高岡利和


posted by k-column at 09:02| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

THE PROPERTY TRANSFER TAX, THE GROWTH OF VANCOUVER AND REAL ESTATE IN THE GLOBAL MARKET


In 1976, the Greater Vancouver Regional District (now Metro Vancouver), published a report called “The Livable Region 1976/1986.”    In 1976 the population on the GVRD was 1.2 million and the study was looking at how to prepare for the next 10 years, during which 300,000 more people were to arrive in the district.   In the introduction of the report, the author wrote:  “Traffic problems are worse, parks are more crowded, the lineups at the Lions Gate, Patullo and Oak Street Bridges are longer, hundreds of acres of farmland have disappeared, and house prices have escalated rapidly.”  This was in 1976, so I can’t help but wonder what the author thinks about Vancouver today!

Yori_1.png


Yori_4.png


About ten years later, in 1987, BC introduced the Property Transfer Tax.  Starting then, home buyers pay a tax of 1% on the first $200,000, and 2% on the balance of the purchase price.  At that time, 95% of homes were selling for under $200,000, and the PTT was introduced as a temporary tax to curb speculation, particularly in the high end market of the most expensive 5% of purchases. 

Thirty years later just about 100% of homes in Metro Vancouver sell for more than $200,000.  Many Vancouverites might say that the PTT did not stop speculation in the market since 1987.  However, as we approach the 30th anniversary of the PTT, we can safely assume it’s no longer temporary.

Forty years after the Livable Region 1976 report, the Metro Vancouver population has doubled and is now over 2.5 million.  Last year the BC population grew by about 45,000 people, and roughly 2/3 or 29,000, settled in the Lower Mainland.  In the City of Vancouver alone there were 5,100 more neighbours sharing the City.  Often times, when I’m driving down our streets with somebody new in town, I hear comments about “there’s construction everywhere” or “whose buying all of these new homes.”  Well, the simplest answer is that there are over 40 more people per square kilometer in the City each year, and they all need somewhere to sleep.

When we talk about the influx of new comers in our communities, it reminds me of the annual “Global Liveability Ranking” published by The Economist.  This year’s ranking was just published and Vancouver again held its number 3 spot.  I recently met a Japanese woman, who had visited Vancouver for the first time and after falling in love with the city, she mentioned Vancouver was the “丁度いい都会と田舎の融合”.The top three cities in this ranking all share this characteristic.  Vancouver is a mid-sized city, where you can enjoy the ocean & the mountains, the four seasons & mild climate, first rate arts & culture, good education & healthcare, without the high crime or terrorism threat.  This combination, in today’s global market, is attractive to many people on the world stage.

On the other hand, in January of this year we ranked in 3rd place on another list, the “Demographia International Housing Affordability Survey: 2016”.  In the survey, the top three least affordable metropolitan housing markets were Hong Kong in first place, Sydney in second and Vancouver in third.   Hong Kong has had a hefty speculation tax from 2010, for homes flipped within 2-3 yeas, as well since 2012 has a 15% additional levy paid by foreign buyers.  Sydney Australia has restricted foreigners from buying existing housing stock for a long time, so foreigners can only buy new properties.  Sydney also implemented a 4% additional tax on foreigners earlier this year.  In Metro Vancouver, starting on August 2nd, non-Citizens and non-Permanent Residents now pay an extra 15% at the time of purchase.  The Demographia survey measures housing prices as a ratio to incomes, so although we are not the top 3 or even the top 10 in terms of prices alone, our incomes are too low to sustain the expensive real estate, and locals have long complained that it’s foreign equity that’s driving up our prices.  From the 1980’s to today, we’ve seen equity flow into this city from many parts of the world including Japan, Hong Kong, America, Iran, Korea and of course these days, China.

The first signs or our overheated market slowing down came in May.  Then during June to July, we saw the market continue to calm, as sales volumes began to drop.    When the announcement came at the end of July and took effect on August 2nd, it halted foreign buyers from writing new contracts, and prompted local buyers to sit on the fence to see what happens next.  You could say the natural cycle was starting to put its foot on the brake pedal, when the government pulled the emergency brake handle.  This made what may have been a slow but eventual soft landing, feel more like a bumpy halt; but either way it seems we’re not crashing.

Many people I’ve spoken to from renters to home owners, and from locals to visitors seem to agree that some type of additional tax on foreign buyers is not a bad idea for markets such as Vancouver.  Most also value the idea of an open and free market.  But again many Vancouverites also feel, where supply struggles to keep up with population growth, where average incomes haven’t kept up with home prices, and where there has always been global demand for a piece of our international city, maybe something did have to be done.  But in order to improve affordability, just as in 1987 when the first PTT was introduced, a new tax will surely not do the job alone.  Promoting local industries and high paying jobs, pushing forward new development permits and higher density zoning changes, increasing transit options and efficiency to make larger areas commutable, and of course finding ways of lending a helpful hand to those of us who truly need it, are all required side-by-side.  And since BC will now have the extra tax dollars for years to come, we should all start expecting improvements, the Province will now be able to afford.

There’s also been a lot of debate since the PTT announcement, whether the tax is fair or not.  There is no way to think up flawless legislation; however, we’ll end this long essay, with examples highlighting some of the more controversial ways the new tax can affect Buyers:


Yori_3.png

Please note these scenarios are for illustration purposes only and should not be relied on.  The legislation, your accountant, lawyer and realtor should be consulted for individual cases.

Yori Nakatani  Director, Kiyukai



posted by k-column at 09:20| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

異文化との交流

バンクーバーで居住していますと、周りには様々な人種の人たちがいて、英語が共通言語とは言え様々な言葉を耳にし、さながら国際都市のような感がします。カナダは移民国家であり、世界各国から新天地に明るい未来を託してやってきているわけで、とりわけBC州はアジアからの玄関口として、中国人をはじめ多くのアジアからの人たちが居住しおり、街を歩いていてもアジア系の人たちが多くみられます。

以前10年程住んでいたマレーシアも多民族国家であり、首都クアラルンプールでは、少なくとも4か国語が飛び交い、人種や宗教も様々で多様性のある国家と感じていました。夫々の文化、習慣、価値観が違っても、同じ共同体での社会生活は、それなりにお互いを認め合い、つかず離れずの人間関係を意識して保とうという気持ちを持っているように見えました。それぞれの民族が異民族間の融和を心がけているからなのでしょう。

では、バンクーバーではどのような環境なのでしょうか。

ビジネスの世界では共通の目標に向かってグローバルに民族や宗教を超えて共存共栄しているように感じます。

普通の社会生活ではどうでしょうか。よく聞くのですが、リッチモンドはさながら中国人町のようだ、バーナビーは韓国人、サレーはインド人が多く住んでいると、一方日本人はどうかというとあまり聞きません。昔はスティーブストンに多く住んでいたのですが。移民の数が他のアジア諸国より少ないからあまり目立たないのでしょうか。外国から移住し同じ共同体に住む我々は、自分のアイデンティティを自覚しつつ、社会の一員としてお互いを知り尊重する意識が大切ではないでしょうか。

私は現在、仕事やボランティアで日本人以外の人たちと交流する際、色々な意見を聞いたり日本人としての自分の意見を話したりして文化、習慣、価値観の違いを共有しながらお互いに交流を楽しんでいます。私の拙い英語力ではなかなか本音の話までは進まないのですが、それでもお互いの考え方や生き方を尊重していきましょうとお互いに認めています。

一方で、たとえ考えが違っていても、はっきりと自分の意見を言うことも大切だと思っています。よく、日本人ははっきり主張しない、何を言っているかよくわからないといわれますが私が思うに、一つの理由は日本語の表現ではないかと。日本語は最後に「か」をつけて疑問文にします、つまり最後まで聞かないとわからない。また、物事の説明では、まず理由とか背景を言って、最後に言いたいこと述べる、これも最後まで聞かないとわからない例です。反対に英語圏の人は、まず“はい”か“いいえ”を言い、そのあと必要なら追加説明する、説明でもまず結論を言い、そのあと理由を言う。これはディベートでしっかり自己主張する自意識の高い文化から来るのでしょうか。

いずれにしても、私は日本人らしい“おもいやり”を大切にしつつ、言うべきことはしっかり伝え、そして違う文化や価値観を共有しながら楽しく交流を続けたいと思っております。

企友会理事 谷口明夫

posted by k-column at 05:51| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

オンとオフ

日ものびてバンクーバーの一番良い季節を迎えておりますが、皆様はいかにお過ごしになられておりますでしょうか。

住み良い都市のいつも上位に選ばれているバンクーバーですが、やはりこの夏の季節があってこそだと思います。この時期にバンクーバーを訪れた事が無い方からは、「バンクーバって寒いんでしょ?」とカナダ=寒いところのイメージしかないようです。その度に「いやいや、バンクーバーは夏になると日中30℃をこえる日もあって、でも乾燥して湿度がないからとっても過ごしやすくて...云々」と、説明しているのですが「ふーん...」といつも同じような反応をされてしまいます。冬の季節があるからこそ、夏の季節が良いと言う説明を上手く伝える表現は無いものかといつも考えているのですが、皆様はどうお話されているのでしょう。よい伝え方をご存知の方がおられましたらお教え下さい。

ノースバンクーバーにてモーターサイクルショップを経営しておりますが、春から秋に掛けてがシーズンになり、今が繁忙期になります。しかし、ご存知の通り冬のバンクーバーはモーターサイクルに乗るには少々厳しい気候で、冬になりますと、まさしくオフシーズンとなってしまいます。もちろん、冬の時期に何もしない訳でなく、シーズンに出来なかった業務をする事になるのですが、大手のディーラーになると従業員の半分がレイオフとなって「また来年の春ね」となり、バンクーバーのモーターサイクル業界において冬のオフシーズンはレイオフを含めたコストカットに努めるのが常識となっています。このレイオフと言うシステムは未だに慣れず、なんとか夏の体制のままでどう冬を過ごすのかを考えながら経営をしつつ、今から冬のオフシーズンに向けて準備を始めているところです。

バンクーバーならではのオンとオフ、気候が夏と冬ですっかり変わってしまうバンクーバーですが、知恵を絞ってビジネスの業績はオンとオフが無いようにしていきたいです。

企友会理事 金谷泰政

posted by k-column at 03:55| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

企友会は存続可能だろうか? 

世の中の変化と共に人と人のつながり方が変わってきていきます。これは国と国の付き合い方、会社と会社のつながり、学校における先生と生徒と親の関係、あるいは夫婦関係ですら変わってきているのと同様です。いわゆる価値観の変化というもので周辺環境が変わることで自分もいやおうなしに変らざるを得ない事態に陥ることです。

なぜ、人と人のつながり方が変わったのか、その最大の理由はITの普及による情報化時代、そしてSNSで人と人の結びつき方の観念がすっかり変質化したからでしょう。

例えば昔なら利害関係を共にする共同体がそのつながりの原点でした。これは地球儀ベースで数千年前までさかのぼることが出来ます。日本も農村や漁村などで一人の力でこなせない仕事を皆で協力分担するという発想がごく普通にありました。バンクーバーにもある「隣組」の日本における本質は「戦時中の相互監視」の意味合いもあり、決して良い意味ではないのですが、共同体に於いて脱落者を出さないようにする縛りが日本の共同体全般の特徴とも言えるのです。

ところがIT革命の時代になると二つの大きな変革が起きました。一つは「一人でも出来る時代」になったこと、二つ目は人と人の関係は見知らぬ人でも共通の目的意識があれば繋がるようになったことであります。

この二つ目の意識改革は子供たちが遊ぶ通信ゲームが初めだったと思います。それに輪をかけたのがフェイスブックなどの交流サイトであります。

これは数ある団体の所属意識を180度転換するほどの衝撃となったのですが、既存の団体所属意識に慣れた人たちはそこからなかなか離れないため、会員の減少などがじわじわ進むようになっています。

例えばバンクーバーには日本人の団体が公のものから趣味の団体を含めると三桁数存在するとされます。また、団体に所属する人は複数加入していることも多いかと思います。しかし、現在の世の中の変化を前提に予想すると多くの団体が今後、存在し続ける可能性は低くなってしまいます。

企友会はどうでしょうか?存続できるでしょうか?

存続するには参加する意義がないと難しくなります。総合週刊誌を最初から最後まで読む人はほとんどいません。好きなところだけをつまみ食いします。一方で世の中、雑誌が減ったとはいえ、カナダでも日本でも雑誌コーナーにはかなりマニアックな雑誌がずらっと並んでいます。その意味は人が「広く浅く」から深堀を求める時代に変ってきたとも言えます。

企友会はどうでしょうか?深堀しているでしょうか?

時代の移り変わりが早くなった今日、足を止めることはできません。変化を察知し、その先手を抑えていくことがNPOにも必要になったと言えそうです。

その為には企友会は理事やボランティアがドライブするだけでは立ち行かないとも言えます。私は20年近くこの会に所属していますが、知らない会員さんが半数近くいらっしゃいます。叶うならその方々の話を伺いながら企友会が輝き続ける答えを共に探すことが出来ればと思っています。企友会の存在意義が今、とても大事なテーマである気がします。

企友会理事 岡本裕明
posted by k-column at 06:51| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

Sakura Days Japan Fair へのお誘い

SDJF_logo.png

バンクーバーの桜はもう満開を過ぎようとしていますが、この季節の注目イベントは、毎年恒例のSakura Days Japan FairSakura Days ジャパンフェア)です。今年で7回目を迎え、毎回1万人前後の入場者のあるこのイベントは、もうバンクーバーに馴染みのイベントになりました。

Sakura Days ジャパンフェアは、このバンクーバーに在る幾つかの日系ビジネス団体が一体となって、日系人のプレゼンスを高めようとの意図を背景に、具体的には、日本の文化、ビジネスをバンクーバーに住む人々に紹介するイベントとして、スタートしました。そして7回目を迎え、初期の目的はある程度達成され、日本とカナダの架け橋の一つに成り得たのではないでしょうか?

その陰には、ジャパンフェア実行委員(JFAV)の皆さんの多大な努力があります。 当初実行委員は、日系ビジネス団体からの代表で構成されていましたが、現在は、日系ビジネス団体に拘らず、このイベントに興味のある人たちにも参加戴いています。全てボランティアで実行していますので、イベントの準備に費やす時間は、仕事の合間となります。でも皆さん、労苦を惜しまず、入場者の笑顔を楽しみに、努力してます。

皆様から応援のお声かけを戴けたら嬉しいです。

今年の Sakura Days ジャパンフェアの詳細については、次のリンクを参照ください。

http://www.japanfairvancouver.com/details-j.html

今年も日本から3人のパフォーマを招待し、津軽三味線(はなわ ちえ)、和太鼓・篠笛(金刺 敬大)の演奏、奄美の島唄(里 アンナ)をご披露願います。

SDJF_JapanesePerformers.jpg

また、習字と尺八及び太鼓、俳句とマイム、太鼓と先住民音楽グループなどの種々のコラボレーションもあり、ご来場の皆さんに十分お楽しみいただけるものと思っています。

皆さんのご来場を心からお待ちしております。 

Sakura Daysジャパンフェア 実行委員長

塚本 隆志  

posted by k-column at 06:53| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

新年のご挨拶

新しい年を迎え、謹んでご挨拶を申し上げます。

企友会会員の皆様におかれましては、2016年の新年をお健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

私は、1月25日の2016年度年次総会におきまして、企友会会長の大任を解かれました。4年間の会長任期中、いろいろな思い出がありますが、なぜか楽し思い出ばかりが、思い起こされます。理事、会員そしてボランティアの皆さん、盛り上げ、助けていただき、本当にありがとうございました。私にとって企友会は、いろいろな意味で宝物です。

今後は、一会員として、企友会を盛り上げ、支えていきたいと考えています。澤田新会長、理事そしてボランティアの皆さん、頑張ってください、応援しています。

皆さん、2016年、明るく、楽しく、元気良く、張り切っていきましょう。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

企友会前会長 松原昌輝

posted by k-column at 09:58| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

ボランティアに参加して

私は、現在バンクーバーにある語学学校に通いつつ、企友会のボランティアに参加しています。ボランティアの内容は、毎月開催されるイベントの運営(宣伝活動、会場手配や講師への講演依頼)や地域貢献活動を行っています。

ボランティアに参加しようと思ったきっかけは、留学するにあたって語学力を向上させるだけではなく、実際に海外で働いている日本の方に話を聞くことで私が海外で働くときに役に立てることができると思ったからです。加えて、日本にいた時はボランティアという言葉とはかけ離れたところで生活していたので、参加することで新たな自分を見つけることができると思ったことがきっかけです。ボランティアは、無報酬の活動なので率直に『他人のため』や『自分に何ができるか』に焦点をあて取り組むことができ、自分の知識や経験を高めることができると思います。

幅広い年齢層で企友会の理事・ボランティアは構成されているので、イベントやミーティングに参加する度に新しい知識(バンクーバー事情から仕事まで)や経験を得ることができました。更に、ボランティアを通して新しいことに挑戦できる機会が沢山あるので、常日頃から受け身ではなく積極的な姿勢で取り組むことの大切さを学ぶことができました。

留学生としてバンクーバーに来ているので、企友会のボランティアとして活動できる機会は、あと少ししか残っていませんが今の自分にできることとできないことを一つでも多く見つけて、日本に帰国した際に企友会のボランティアで学んだことを十分に活かすことができるようにしたいです。

企友会ボランティア 野中 晃

posted by k-column at 03:36| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

オンとオフ、バランスよく

 日本の文部科学省の調査では、日本の150万人以上の児童がネット依存症だそうです。大人も含めると400万人強、この数字は年々急増しているデータが出ています。コンピューターを学業上や仕事上利用するのは仕方がないとしても、プライベートで12時間以上連続で利用すると依存症で、4時間以上で依存症の重症となるようです。

 インターネット利用目的は様々で、SNS(Facebook, Twitter, LINE)による「コミュニケーション」ツールをはじめ、YouTubeや動画サイト、オンラインゲームによる「娯楽」ツール、ニュースやウィキペディア系による「情報収集」ツール、掲示板やネットサーフィン等の「暇つぶし」ツールなどが挙げられます。

 依存症予防としてはインターネットを利用する際、会社内や勤務先でのルール同様に自らで作る利用規約を持つというのが一案です。利用目的の設定を行なうことで、目的別に意識してインターネットを使うことになり、自ずと1日の利用時間も限られ、インターネット軸から自分軸にとって変わるような気がします。お酒と同じですね。朝から晩まで毎日お酒のことを考える方はアルコール依存症と言われますから。

 オンラインを利用することは、とても便利で無駄なく情報伝達を行なうことができるなど、現代社会の生活を豊かにする反面、引きこもりや内向的になる要因となり、身近にいる人や家族間での会話を少なくさせるようなリスクもあります。アナログな時代を知る者としては、インターネットはあくまでも手段であって、主目的でないと思います。

 企友会でもネットワーキング行事や様々なイベントを毎月開催しています。オンラインの利用規約のコンセプト同様に、オフでも達成目標みたいなモノを持つといいですね。ネットワーキングなどの行事に参加する際、「何となく参加してみる」のではなく、参加目的を明確化し参加することで行事から得るモノが異なってくると思います。

企友会理事 堀田直人

posted by k-column at 11:50| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

2015年10月 理事会からのご挨拶

平素より在バンクーバー日本国総領事館の活動にご理解ご協力を賜り誠にありがとうございます。

 私は本年6月にバンクーバーに赴任してまいりました。バンクーバー/BC州については、『神に祝福された土地』、そんな印象を持ちました。美しい景観、豊かな自然、そして豊富な天然資源、こんなに恵まれた土地は世界的に見てもそれほどないと思われます。気候についても、東京から来た私にとって夏場は非常に過ごしやすかったですが、カナダ国民の約9割が米国との国境線に沿って住んでおり、その主な理由は冬場の気温の厳しさからと聞きます。一方、未だバンクーバーの真冬は経験していませんが、この地の冬場の気候はカナダの他州と異なりもっとマイルドだとも聞きます。

 私が初めてカナダの土地に降り立ったのは約20年前になります。出向元の経済産業省より研修生として、カナダ連邦政府のRevenue CanadaCanadian International Trade Tribunalにアンチダンピング法など貿易救済措置の習得のために派遣されました。また、家内がカナダ人なので毎年家内の実家のあるオタワ近郊の街を訪問してきました。そういった意味では、住んではいませんが、長年カナダを身近に見てきたところがあります。

 カナダからクルマで国境を越えて米国内に入っても、掲げられている国旗が変わるだけで、それほど違いがあるとは感じません。しかしながら、米国については、『アメリカン・カルチャー』に代表されるようにある意味毒々しいまでの個性を持っています。また、カナダと同じ英連邦である豪州、NZ、シンガポール、マレーシアなどを訪問して感じるのは同様にそれぞれ強烈な個性を持っていることです。それでは『カナダは?』。私にとってカナダの印象は今のところ『無色無臭』です。もちろん米国とは似て非なるものです。ただ、世界中の人達のカナダに対する印象はとても良いものだと思いますが、共通して認識できる『カナディアン・カルチャー』のようなものがあるかと問われれば、その答えは難しいのではないでしょうか。そして、それはカナダの基本理念である『多民族主義』の帰結として、その完成形が既にそこにあるからということなのでしょうか?

 カナダは家内の母国であり、また二人の息子にとって日本ともう一つの祖国でもあり、私にとってとても大切な国です。そのため、当地在任期間中に両国の経済関係発展に少しでも貢献できたらと思うとともに、豊穣なるこのアジアへのゲートウェイであるバンクーバー/BC州からカナダを眺め、カナダという国についてまた違った視点で理解を深めることができたらと思っております。


在バンクーバー日本国総領事館/経済担当領事

企友会/顧問

飛矢崎 峰夫

posted by k-column at 10:26| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Page Top
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。