企友会(バンクーバー日系ビジネス協会)カナダビジネスコラム&イベント報告

コラム & イベント報告(会報)
カナダ(バンクーバー)のビジネスに関するコラムや
企友会主催イベントの開催報告を掲載しています。

2017年08月01日

2017年7月19日 企友会塾ばんてら 第二回開催報告

学びは刺激だ! ばんてらで目を醒まそう!

719日に第二回「ばんてら」塾活動が開催されました。

IMG_5214 copy.jpg


今回のテーマは予想通り、皆さまそれぞれに独自の経験や考えがあり、ばんてらだからこそオープンに話せてとても良かったです。「ローカルのコミュニティって一体どのコミュニティ?」「日本人は頑固?」「日本人は他と何か違うの?」「そのそも溶け込むことは必要なのか?」などなど、ご参加の皆さまの色んな視点と経験の考えを聞けて、いやあ楽しかったです。


みなさんはどう思いますか?



このテーマどう考えても1回では満足できず、第2弾をしましょう!という話もでています。


さてここで、企友会ボランティアであり、自身も北米に「日本の旅館を!」という志をもって日々邁進している佐々木豪さんに潜入レポートをしてもらいました!👀

✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒✒

今回は「カナダでYOUはローカルに溶け込んでいるか?」というテーマに沿って、10名の塾生参加者で行われました。

参加者が第一回目と違うということもあり、初めに自己紹介をしました。参加者の中からは「長く付き合っているけど、改めて聞くと初めて知ったこともあったな。」という声も上がりました。


次に、職場での日本人の割合、ローカル(日本人以外のバンクーバー在住者)の割合、そして、参加塾生の会社での顧客の日本人とローカルの割合について話し合いました。
  • 👤様々な職種の方々が集まっていたので、日本人比率100%の方もいれば、0%の方もいました。
  • 👤日本人とローカルとの間には国民性の違いがあり、それは仕事へも大きな影響があります。

それらの違いについても議論しました。ここの議論では、「差別」という大きな題材も交わり、白熱した議論が行われました。
  • 👤多文化国家であるカナダでビジネスをする上で特に直面する問題で、各自の意見を共有しました。
  • 👤文化や商習慣の違いを乗り越えビジネスをするには、最低限の譲歩できないライン(契約書の取交)を定め、それを論理的に相手に説明する。

という意見もありました。


IMG_5211.JPG


続いて、日本人はローカルにどう溶け込むか、また日本人の国民性について話し合われました。
  • 👤様々なコミュニティがある中で、人々はどう動き、溶け込んでいくのか。
  • 👤日本人は消極的な人も多く、積極性が少ない。
  • 👤そして「郷に入れば郷に従え」精神も日本人特有。
  
という意見が上がりました。


今回の「カナダでYOUはローカルに溶け込んでいるか?」というテーマは奥深く、誰しもが考えるであろうテーマなのかもしれません。日本の文化や能力を押し出すことは溶け込むことになるのか。もしくは、現地に溶け込むことは自分自身を表現できていないのではないのか。場面場面で答えは異なるが、その場面場面に対応し、なおかつ自分(日本人)を表現できる人が本当のグローバルな人材であり、ローカルに溶け込めている人なのかもしれない。



佐々木さんありがとうございました。


次回は9月に第3回目を予定しております。まだご参加でない方、ぜひともお見逃しなく!😃😃😃









posted by k-column at 16:27| イベント開催報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Page Top
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。