企友会(バンクーバー日系ビジネス協会)カナダビジネスコラム&イベント報告

コラム & イベント報告(会報)
カナダ(バンクーバー)のビジネスに関するコラムや
企友会主催イベントの開催報告を掲載しています。

2017年06月28日

「今、なぜ『ばんてら』なのか?」

企友会で新企画、「ばんてら」が始まりました。なんだろう、といぶかしげに思っている方もいらっしゃるでしょう。

私は昨年のブリーズで「企友会は存続できるのか」という提言をしました。それは例えNPOであっても時代とともにその存在理由、目的意識、はたまた会員のマインドは変化し続けるのだという考えがあるからです。過去の行事をそのまま追いつつける前例主義は日本の役所や大企業と同じで何ら成長を期待できないと思っています。


では何をやればよいのか、これは会員ひとり一人が考えなくてはいけません。この「考える」というプロセスを案外、怠っている人が多いのではないでしょうか?


例えば皆さんの1週間はどうでしょうか?朝、決まった時間に会社に行き、言われた作業をこなし、仕事が終われば個人の時間を楽しみ、家族と団らんするという一連の流れが今週もいつの間にか始まり、いつの間にか終わっている人が多くないでしょうか?それはそれが楽だからというのがあるでしょう。人生楽しまなくては、という発想のもと、買い物したり、友人と食事をしたり、スポーツをしたり、といった平坦なライフがあるのです。


昨年、スコーミッシュのチーフに登りました。あるいは年に1-2回はグラウス グラインドに行きます。いつも思うのは、「なんでこんな上り坂を汗だくになって苦労して息絶え絶え登らなくてはいけないのか」です。ハイキングという点からは登った後のあの爽快感や景色がたまらないということなのですが、私は制覇したという気持ちが先にあります。


それは川を登る鮭と同じかも知れません。流されず、一度の人生を上り詰めてみたい、そしていろいろチャレンジしてみたいという貪欲の塊なのだろうと思います。


企友会がどうあるべきか、もはや理事がイベント係をする時代ではないと思っています。会員皆さんが考え、一緒に会を運営していきたいと思っています。年会費を払っても一応幽霊会員ではなくて、皆さんが参加し、一緒に考える会になればと思っています。


「ばんてら」では我々はなぜ、カナダに来たのか、なぜ、カナダで仕事をしているのか、僕たちはカナダ人社会に溶け込んでいるのか、などカナダライフの第一歩目を振り返ってみるテーマが並びます。案外、忘れてかけていたあのカナダに来た初日のことを思い起こすかもしれません。希望と不安を抱えてやってきた新天地に自分は何を求めていたのか、その強い思いをもう一度呼び起こすきっかけになったらと思っています。そして、合わせて企友会のメンバーとして会員が今、すべきことは何なのか、会員の誇りやプライドは何なのか、もっと熱血漢になって汗を流してもよいのではないかと思い、「ばんてら」を企画しました。


皆様の積極的なご参加を期待しています。恥ずかしがらずに我々と机を囲んでお話しませんか?


企友会理事 岡本裕明





posted by k-column at 13:04| 理事の挨拶文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Page Top
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。